シースリーを選ぶ際には、なによりもま

シースリーを選ぶ際には、なによりもまず、そのサロンについてネットで検索することをオススメします。それぞれのサロンが提供するサービスは星の数ほどあり、サロンにより、随分異なるものです。
個人によりそのお店の印象は異なるものですから、十分に検討することが必要です。エステ、サロン、クリニックの中から、脱毛ができる所を選んで、何よりもまず、自分の希望に合うものはどれかを決め、具体的にお店を選ぶのはその後にするのがよいでしょう。
「シースリーなんてどこも同じ」というのは間違っています。
ではどう選べばいいかというと、料金がわかりやすくなっているというのが最重要ポイントです。
それからち、ゃんと脱毛の効果を実感することができて、手厚いアフターケアを受けられるかどうかも大事な点です。
そして体験コースなどのサービスを受けてみたりして、リアルな印象を確認しておくこともとても大事なことだと言えます。目星を付けたいくつかのお店で体験コースを受けて、一番気に入ったところを選ぶといいのではないでしょうか。足の脱毛を目的としてシースリーに行くときには料金プランが理解しやすいところを選ぶことが肝心です。
それに、施術完了まで何回通えばいいのか、プランの回数を受けたあと、まだ通う必要があると思ってしまう場合にはどういうことが必要になるのかも、契約前に確認をとることが重要です。足の脱毛は大体6回ほどのコースが主流ですが、施術をしおわった人の一部は肌の状態にあまり満足できないこともあるらしいんです。シースリーの痛さはどうなのか気になると思いますが、あまり痛くないと思われる人が多いようです。たとえとしてよく見聞きするのは、輪ゴムを使って肌をパチンと弾いたような感じ、といわれます。
一方で、脱毛するエリアが異なると痛覚にも違いがありますし、同じ痛みをどう受け取るかは人によってギャップがあります。
契約書に署名する前にトライアルメニューなどをお願いしてみて、このくらいならいけそうかどうか見定めてください。
契約期間中のシースリーの解約は、違約金や解約損料などのいわゆる解約料を支払わなければなりません。
違約金については法律上、上限が決められており、実際の金額は、本当に支払うべき金額については、通っているお店に、確認することが重要です。
後々後悔しないように、契約の前に途中での解約中止についても聞いておく必要があります。
シースリーは永久脱毛をしてもらえるかというと、永久脱毛は受けられません。
永久脱毛を許可されているのは医療機関だけですので、誤解しないようにしてください。シースリーが永久脱毛を掲げていたら法を犯すことになります。
永久脱毛を希望されるのであれば、シースリーはやめて脱毛クリニックへ行くことになります。
プライスリストを見ると、高いと感じられるかもしれませんが、行く頻度を減らすことができます。
もし宣伝にひかれてシースリーに行ったりすると、そのお店に通うように説得され、勧誘されるかもしれない、と思っている人は多いかもしれません。
しかし、最近の様子をみてみると、勧誘に類する行為については禁止されているシースリーのお店もあったりするのです。
勧誘をきっぱり断る自信のない人ははっきり「勧誘はしません」ということを明示しているお店を選ぶのがよいですね。とはいえ、店舗が用意した体験コースなどのサービスを受けに行く場合については、程度はどうあれ勧誘を受けるだろうということを考えておくといざという時に慌てなくて済みますね。一般的に言えることですが、シースリーも名前のよく通っている大手のお店の方がそこそこ満足がいき不満が少ないという意見が多いようです。
大手と違う小規模・中規模のお店では、施術を行うエステティシャンのスキルが、とても良いとは言えないレベルのものだったり、接客の態度があまりにもいい加減だったりするようなこともあるので要注意です。
それに比べると大手のエスティシャンは教育が十分にされていて技術も経験も豊富ですし、思いがけないトラブルが起こった時の対処の仕方もとてもちゃんとしているはずです。
シースリーをやってもらったとき、時々、火傷になってしまうこともあると耳にします。
光脱毛はシースリーでも主流に使われていますが、黒い色により反応する装置で、シミの濃さや日焼けの有無により火傷することがあります。日焼けやシミの濃い部分は施術を控えますが、日焼けは避けるようにしましょう。シースリーに通う期間はどれくらいかというと、2、3か月に1回ほどの施術を満足するまで行うので、人によって差はあります。
6回の施術で満足をすれば、だいたい1年半行くか行かないかぐらいの期間でしょう。調査によると一箇所で12回ほど通う人が大半を占めていて、2年から3年ほど必要になってくるでしょう。
毛の周期にあった施術が大事なので、毎月受けたところでそれほど意味はないことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ