クーリングオフが適用できなくなってしまいます

1日目を脱毛エステと契約を行った日として、合計8日を超えていなければ、クーリングオフが可能です。
しかし、これには例外があり、契約期間が1ヶ月に満たない場合や、お支払いが5万円よりも低額の場合、クーリングオフが適用できなくなってしまいます。
日数が8日を超えてしまうと、中途解約ということになりますのでなるべく早く手続きをされてください。
店舗にもよりますが、脱毛サロンの判断で施術が実行できない場合もあります。例えば生理中は施術できない可能性があります。ホルモンバランスが崩れ、お肌が荒れることがあるため、施術による肌トラブルを防ぐためです。
施術を生理中でも断らない脱毛サロンもございますが、少し億劫なところもありますが、十分なアフターケアを入念にすべきでしょう。
言うまでもなく、VIOの施術は行えません。
脱毛エステで一般的に使用されている脱毛用の機器は、通販などでも簡単に手に入る家庭用脱毛器と比べるとかなり強めの光を照射することが可能です。また、光をあてる範囲が広いため、処理時間が短縮できます。
ですが、いわゆる医療系の脱毛クリニックで使われている機器と比べると出力の威力が弱めですので、永久脱毛まではできないのです。その代わりと言ってはなんですが、痛みはかなりましで、肌へのダメージも軽くなるという恩恵があります。いわゆる毛深い人に関していえば、脱毛エステで自分の満足できる肌の状態になるまで長い時間をかけることになります。
例えば他の人が脱毛完了まで12回通うだけで済むとしたら少し毛深い人はもっと多く、16〜18回、さらにそれ以上の回数が必要になることもあり得ます。
そんなに時間をとれない人は、脱毛クリニックで脱毛してもらった方が期間は短く済むことでしょう。
ただクリニックで使用されている機器は威力があるためその分痛みも少々強くなってしまうようです。
脱毛エステでは大抵いろんなキャンペーンを用意しているものです。
これを上手に使うことができれば、比較的安価に脱毛することができるでしょう。ただし、注意しておきたいことがあります。キャンペーンに乗ってそのまま安易に契約してしまうようなことになると後から悔やむ羽目になりかねません。脱毛エステと契約を交わす前に、契約の中身をしっかり理解するようにして、あせらずに落ち着いて考えることにしましょう。お得な料金設定、施術回数の無制限といったようなおいしい部分ばかりに目がいってしまうと、あまりいい結果をもたらさないかもしれません。
シースリー 長崎店

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ