メディアアートとしての月額制脱毛プラン

全身脱毛の支払い形態でメジャーなのが「月額プラン」というものです。この月額制と言う言葉を元に想像すると、施術をしてもらった月だけお金を払うという印象です。中学生の頃塾に行っていましたが、その時の会費と同じ感覚です。ですが個人的な見解としては、この月額制と言う言葉に対しては、100%納得できないところがあります。毎月一定の支払い額で全身脱毛に取り掛かれるという事実に相違ありませんが、誤解のないように事実を伝えるという実直さに欠けていると言っても過言ではありません。その理由は、結局いくら支払えばいいのかなんてわからないんですから。わざとミスリードさせようとしているとしか思えません。こうしてユーザー目線を欠いて利用されている「月額制」をオトクだと訴えかけているのが、「銀座カラー」「エターナルラビリンス」「シースリー」などです。ただ、真相を知った今となっては冷静に他社と比較することができます。知らなかったという方は決して他社との比較を忘れてはならないことがポイントです。私もこの全身脱毛の「月額制」と言う言葉には相当モヤモヤしていましたが、今となってはそれを納得した上で善し悪しの判断をしています。その証拠に私がイチオシなのは「一生通い放題」のある「シースリー」と「銀座カラー」です。こういった役に立つ情報をゲットできたのもこちらのサイトの情報のおかげです。そうかと思えば、思った通りの「月額制」を実施している脱毛サロンもあります。これから受けるはずの料金をまとめて契約するのではなく、単純に1ヶ月単位で支払っていくという方式です。それが「脱毛ラボ」と「キレイモ」です。この2社以外では生憎私は知りません。色んな情報をかき集めてみてやっと辿りつきましたが、実のところ分割払いだったんです。全身脱毛の月額制は、相違なく毎月のコストが微小でとっつきやすい支払い方法です。相場的には毎月9
500円程度なので、素直にお手軽感もあります。月額制と言う支払い方法の恩恵で、全身脱毛にさほど高いハードルを感じなくなった方が現に増加傾向にあるのかもしれません。気をつけるべきは数ある脱毛サロンの料金の仕組みを正確に理解したうえで、冷静に自分の希望を叶えてくれるところを探すという事です。脱毛サロンの公式ホームページは基本的にどうも知りたい情報に辿りつけないという事が共通点です。なので、ユーザーのブログであったり、脱毛にまつわる様々な情報が掲載されたサイトを参考にしてきっちりと情報集めをすることをおすすめします。全身脱毛をメインにしている脱毛サロンの場合、ほとんどの脱毛サロンで「乗り換え割」で他社からの顧客を取り込もうとしています。そしてその内容は、「他社からの乗り換えで○万円引き」という中身です。月額料金を上回っているんですけど、どういうことですか?もうひとつは途中で辞めた時の「残り回数の返金保証」です。これだと将来の施術分の料金を支払っていることになります。ところが大抵の脱毛サロンの月額制と言う言葉はどうもおかしいのではないかと思います。公式ホームページを隅から隅までチェックしても、腑に落ちる回答が公表されていないのです。全身脱毛で用いられている月額制はどこか意味合いがおかしいと思ったのは次のようなシステムに頭がこんがらがったからです。「実態は分割払いの月額制」であっても、「純粋な月額制」であれ、格安な定額料金で全身脱毛に取り組めることに違いはありません。お客に対する充分な説明が足りないのは事実ですが、だからといって施術自体もいい加減かと言えば決してそのような事はありません。
ミュゼはweb予約で100円脱毛!通い放題で追加料金もゼロ

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ